Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/aruko3/narrator3.com/public_html/column/wp-includes/post-template.php on line 284

「どんなふうにナレーターを選ぶ?」

ナレーション、と一口に言っても使われる場面はさまざまです。
TVから流れてくるナレーションも「バラエティー」「スポーツ」「ニュース番組」「ドキュメンタリー」「CM」、どれもカラーが違います。
放送媒体以外でも、会社案内や商品紹介動画など、堅いイメージのものから元気なテイストまでいろいろ。ガイダンス音声も、キュートな声での案内、落ち着いた調子、注意喚起を促す声など、一様ではありません。
*ナレーションのカテゴリーについてはまたあらためて。

 

ナレーションを依頼するときには「どういう雰囲気のものにしたいか」という軸決めが必要です。そしてそれにフィットする声や読み方のナレーターを選ぶ。しかしこれが難しいのですよね。

フリーナレーターの中には「柔らかいものからカッチリしたものまで、あらゆる分野・ご要望に対応できます!」と謳っている人もいます。しかし個人的には「それは真に受けないほうがいい」と思っています。

もちろんいろいろ器用にこなせるナレーターはいます。
ただ、大部分は「得意分野」で仕事をしています。大人数を抱えるナレーター事務所などは、その都度の依頼に合ったナレーターを候補に出します。持ち味を考慮して選出をしています。
TVで活躍する一流のナレーターであっても、ターゲットを決めて勝負しています。制作物をいきいきとさせる、どえらい能力を持った人でも、方向性というものがあるのです。なのに、その1/100も稼げていないナレーターがネット上で「なんでもこなせます」とアピールしているのを見かけると、あらら、と思ってしまうのです。(ごめんなさい)

「お任せください」というプロらしい姿勢はもちろん大切ですが、判断基準は、実際どんな読みをするのかということに尽きます。(個人的に苦手ということもあって、当サイトは過度な売り文句や、ナレーターの自己PR文などは載せていません。提携ナレーターには安易に万能アピールをしている人もいませんが…)

 

必ずボイスサンプルを聴いて、そのサンプルから離れない次元でのオーダーが望ましいです。
離れない次元というのは、例えば1分間に250字程度の速度で読んでいるサンプルを選んで「このナレーションの雰囲気のままで早く読んで」と、1分間350字にスピードアップした収録を希望されたとします。
果たして。サンプルとスピードが違いすぎると、同じ雰囲気にはならないのです。また、ナレーターの持ち味によっては、巻き巻きで読むのが不得手なこともあります。テンポ感は大きな要素です。ゆっくりした速度ではとてもわかりやすいナレーションだったのが、がくっと伝わる力が弱まる可能性もあるわけです。

 

実力以上のオーダーをこなすのは不可能。といったら身もふたもないのですが、ここを取りつくろってしまうと双方幸せになれません。
逆に、コレ!こういう感じのものを作りたい!と雰囲気通りのサンプルが見つかれば、ご希望と持ち味とがマッチングし、いいものが作れる要素が揃っていきます。

 

発注前の確認作業として、ボイスサンプルをしっかりチェックする、細かな要望や内容をお伝えいただくことが、求める結果につながっていくと考えています。
この声が気に入っているのだけど、こういうタイプのナレーションはできますか?と見本となる作品を提示いただいたこともありました。その際には、同ナレーターの近いボイスサンプルを探し出し、雰囲気を確認ののち依頼決定、実際の制作物もご満足いただけるものとなりました。発注時にひと手間かけていただいたおかげで、イメージ違いを防ぐことができたのです。

どんなナレーションが付くかで映像の印象は変わってきます。
ぜひ、イメージを明確にして、制作物に合うナレーター探しをなさってみてくださいね。

 

当サイトはまだまだ少数の集合体ですが、
もしピッタリくるボイスサンプル・気になる声がありましたら、まずはご連絡ください。
[オフィスあるこナレーション音声制作/ナレーションサンプル一覧]

コメント

Comments are closed.